資金調達支援サービス 【無料相談受付中!】|フィデリ・資金調達

資金調達支援サービス 【無料相談受付中!】|フィデリ・資金調達

資金調達の達人を紹介【無料相談受付中!】

豊富な経験と確かな知識を持つ【助成金の達人】

■ 豊富な経験と確かな知識で助成金申請サポートします!
その豊富な実績に裏打ちされた経験と、
頻繁に行われる制度改正を確実にフォローし、
ブラッシュアップされた知識により、

各助成金の受給要件の確認から

必要な計画の策定、支給申請書の作成、

さらに審査のフォローに至るまで

貴社を確実にサポートし、助成金受給へと導きます。

また、助成金申請のみならず、貴社の労務コンサルタントとして
社労士業務全般対応いたします。

 
対応可能地域:東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県

新都心社会保険労務士事務所(東京・新宿)



▼ サービス内容

【雇用関係助成金申請サポート】

・雇用調整助成金
・中小企業緊急雇用安定助成金
・特定求職者雇用開発助成金
・中小企業基盤人材確保助成金
・中小企業子育て支援助成金
その他雇用保険法に基づく助成金制度全般対応可


【その他社労士業務】

助成金申請のみならず、御社の労務コンサルタントとして
社会保険労務士法に規定された社労士業務全般対応いたします。

・社会保険・労働保険の官庁あて手続きの代行
・就業規則作成
・給与計算
・労務相談 等


【最近の出版・執筆実績】

・すぐにもらえる!雇用関係助成金申請・手続きマニュアル(日本法令)
・SR第14号「雇用調整助成金」「中小企業緊急雇用安定助成金」の概要・申請手続・留意点(日本法令)
・ビジネスガイド2009年7月号「助成金の最近の改正点・新設助成金のポイント」(日本法令)
 その他執筆・講演実績多数


▼ 成功事例

★事例(1)自宅待機扱いの技術者に研修を行い、毎月約720万円を受給!

  中小企業緊急雇用安定助成金(情報処理業A社)の例

 情報処理業を営むA社では、昨年から今年にかけての急激な受注の落ち込みにより、
 客先で仕事を行っていた技術者を大量に引き上げざるを得ないこととなり、
 やむなく休職・自宅待機扱いにしていました。

 そこで、「中小企業緊急雇用安定助成金」を活用した社員研修の実施を提案し、
 毎月約25名の技術者に対して社内の技術者を講師としたスキルアップ研修を
 行うことにしました。本助成金の活用により、社員1人1日の研修につき
 13,730円が支給され、25名x21日x13,730円=約720万円が
 受給されることになりました。

 休職者の賃金負担に苦しんでいた社長は、助成金の受給に加えて社員のスキル
 アップも図ることもでき、大変喜んでいらっしゃいます。


★事例(2)新規事業立ち上げで新会社設立により850万円を受給!

  中小企業基盤人材確保助成金(広告業B社)の例

 広告業を営むB社では、拡大するインターネット関連の広告事業に本格的に取り組む
 ため、新会社を設立し、技術者や営業マンなどを新たに10名採用して、新事業を
 開始することにしました。

  そこで、「中小企業基盤人材確保助成金」の活用を提案し、新会社設立と同時に
 必要な手続きを行いました。本助成金では、基盤人材1名の採用につき140万円、
 一般人材1名の採用につき30万円が支給されますので、
 10名(基盤人材5名、一般人材5名)の採用により、計850万円の受給に成功!

 創業後、ずっと資金繰りに頭を悩ませていた社長は、多額の臨時収入により、
 資金繰りも一気に改善し、さらに余った資金を事務所拡張や最新設備導入など
 次なるステップに向けた投資資金として確保することができ、大変に喜ばれました。


★事例(3)はじめての育児休業取得により100万円を受給!

  中小企業子育て支援助成金(美容業C社)の例

 数年前に美容業を創業したC社では、職業柄若い女性社員も多数在籍し、
 そのうちの一人がめでたく妊娠・出産する運びとなり、創業後はじめて、
 育児休業を取得する社員が出ることとなりました。

 そこで、「中小企業子育て支援助成金」の活用を提案し、申請に際して必要となる
 就業規則の作成や次世代育成支援法の基づく行動計画の策定などもサポートし、
 見事100万円の受給に成功いたしました。

 本助成金は、100人以下の中小企業で初めて育児休業を取得し、復職して
 6カ月以上継続勤務した場合に100万円支給されるもので、最近注目の助成金です。